日本Ruby会議2007は終了しました。翌年開催の日本Ruby会議2008をご覧下さい。


日本 Ruby 会議 2007

2006 年の「日本 Ruby カンファレンス 2006」に引き続き、2007 年 6 月 9 日〜 10 日の 2 日間、「日本 Ruby 会議 2007」を開催します。

日本 Ruby 会議 2007 のテーマは「2007 年の Ruby が見える・2007 年の Ruby に会える」です。 Ruby は言語そのものも、そして利用方法も、その時々によって変わり続けています。 2007 年の折り返し地点ともいえる 6 月に、この年の Ruby がどうなっているのか、どこまで来たのかをみんなで確認し、これからどうなっていくのか、どうすればいいのかを考え、行動に移す。そのような機会となることを目指します。

(日本 Ruby 会議 2007 についての詳細は日本 Ruby 会議 2007 概要をご覧ください。)


実行委員会からのお知らせ

  • 無事、日本Ruby会議2007の全日程を終了することができました。関係者の皆様、ご来場いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

名称

日本 Ruby 会議 2007 (通称 RubyKaigi2007)

日程

2 日間にわたって開催します:

  • 2007 年 6 月 9 日(土)
  • 2007 年 6 月 10 日 (日)

会場

全電通労働会館 全電通ホール (東京都千代田区)

会場へのアクセス

参加方法

チケットの購入が必要です。

プログラム

詳細はこちらです。

基調講演

  • まつもとゆきひろ (Ruby の父)
  • Dave Thomas (達人プログラマー)

スピーカー

  • ささだ こういち
  • 卜部 昌平
  • 青木 峰郎
  • Charles Nutter
  • Thomas Enebo
  • 立石 孝彰
  • 桑田 誠
  • arton
  • 朴 芝印
  • Tim Bray
  • 関 将俊
  • 後藤 謙太郎(ごとけん)
  • 高井 直人
  • John Mettraux
  • 篠原 俊一
  • 加藤 究
  • 永井 秀利
  • 武藤 昌夫 (むとう まさお)
  • nyasu
  • 藤本 尚邦
  • 舘野 祐一(secondlife)
  • 大林一平(ohai)
  • 原悠(yhara)
  • 須藤 功平
  • えと こういちろう

FAQ

Q. 昨年は「日本 Ruby カンファレンス」2006 でしたけど?
A. 毎年アメリカで開催されている「Ruby Conference」との混同を避けるため、正式名称を変更しました。また、海外でもすでに「RubyKaigi」という名称で認知されているため、日本語での名称も「会議」にした方が望ましいと考えています。

お問い合わせ

日本 Ruby 会議 2007 についてのお問い合わせは mailto:rubykaigi2007@jp.rubyist.net へお願いします。


Last modified:2008/05/16 20:48:24
Keyword(s):
References:[SideMenu] [サイドバー仮]

Login