トラックバック:一日目

日本 Ruby カンファレンス 2006 一日目についてのトラックバックをお寄せください。

日本Rubyカンファレンス2006のレポート。初日基調講演 by Matz

日本Rubyカンファレンス2006。開会-高橋さんの講演までのレポート。

サマリはいろいろでてるので個人的な話を書きます。 初日はMatzのAlan KayがSmalltalkについて話をしたところと田中さんの怠惰なAPI話がお土産でした。前者はいろいろ取り上げられているので省略。

日本で初めて開催されたRubyのconference、Ruby Kaigi 2006に行ってまいりました。 なんでも、会場がそれほど広くなく、チケットは発売後数時間で売り切れたと言う話です。 わたくしは、チケットは持っていなかったわけですが、直前になってチケットが余ったという方から譲っていた..

参加しました。 開会前 斜め前の人、なんか Web で見覚えあるなーと。 ノートを開いて、 ipconfig と、ネット接続を確認していた。 高橋征義 「Ruby の歴史」 生高橋メソッド。 Ruby が生まれてから今までを、5 つの時代に分けて紹介。 ruby-list の最初の投稿が、「コンパ

Ruby会議の感想いろいろ。

■scaffoldについて 英語あまりわかんなかったけど、moroさんのとこを読むとadd_なんとか とかいうactionは臭うってことを言ってたのか。 デービットさんはCRUDでDRYで設計しようぜと。 new/show/list/destroy/edit...のscaffoldで設計しようぜと。 「scaffoldは使ってません」ってのはDRY..

I put some notes about Japan Ruby Conference 2006 on my wiki. DHH is here! Stay tuned...

<p>Ruby 初心者なので、<a href="http://jp.rubyist.net/RubyKaigi2006/">日本 Ruby カンファレンス 2006</a>を聴きにいってきました。<br/>どれくらい初心者かというと、なんとなく...

楽しかった。って、小学生の感想のような.... カンファレンスの中身についての詳細な感想は、自分のなかでまとまっていないので後日wikiにまとめる。 先日のRails勉強会の時にも感じたのだが、ネット上や書籍等で見たことある雲の上の人たちが すごく距離的に近くにいて 自

1日目。 朝はどうしても外せない授業があったので、会場に着いたのは11時半。 そういえば事前登録をしていなかったことを思い出す。 まつもとさんの基調講演は半分くらい聞けるかな…と思っていたら、着席したところでちょうど質問コーナーに入ったところだった。

質問者Perl と Ruby どっちがモテますか? まつもとさん彼..

「プロジェクトX」成功の原因は、プロジェクトを描くフォーマットにあった。つらいプロジェクト、成功への道は見えない。そこで「男たちの逆転をかけたドラマ」(だいたい番組開始35〜40分ぐらいだったか。「水戸黄門」を想起させる)が始まって、めでたくプロジェクトはう

こんにちは、開発者ブログが立ち上がりました。 UIE Japan Develop...

講演中にステージ上から日記を更新するアホは誰ですか。 ……というわけで、無事に終了(⇒発表資料「Ruby anywhere」)。考えてみたら、朝イチバンというのは残りをゆったり楽しめるという意味で、実にいいポジションであったわけだ。Railsのセッションは置いてけぼりをくらいっぱなしだったけど。DHHの講演..

ついに、この日を迎えました。 イベントが始まって、200 人もの人達の前で司会をしながら、こんなイベントを今まさに私達が作り上げていることに、本当に感動していました。

とりあえず第一報です。日本Rubyカンファレンス2006に行ってきました。ライ...

6月10〜11日の二日間にわたり開催された、日本Rubyカンファレンス2006(a.k.a. RubyKaigi2006)でRails In Productionというパネルディスカッションのパネラーとして参加させていただきました。

参加者の皆様、スピーカーの皆様、そして何より運営スタッフの皆様、 大...

北海道から前日最終便の飛行機で上京して参戦。 詳しいレポートなどは誰かがあげてくれると思うので、 印象に残ったところとか個人的な感想のみをメモ。 田中哲さん−使いやすいAPIデザイン 最初に何をやりたかったのかメモっておくべし。

規格書を読んでいるうちに規格の考え方に飲まれてしまって、 最初にやりたかったことを忘れてしまい..

日本Rubyカンファレンス2006 一日目。午後からの睡魔との戦いが一番印象深いのですが(Ruby関係無い)、全体的に興味深い内容ばかりでとても楽しめました。メモを一切取りませんでしたので、

景色の良いロビーで無料の飲物が良い。 ええと、このTシャツは着ないとダメですか? 会場暑すぎ。となりの部屋に避難。テーブルもあって快適。 Ruby2.0 リリースは2010年?(または3000年)。 YARV はネイティブスレッド対応だけど、同時に動作はしない。 鬼車の最新版は Ruby1.8 の Regexp より 35%程遅いらしい。 open-uriとnet/httpでは目的が違うん..

[おでかけ] <a href="http://jp.rubyist.net/RubyKaigi2006/">日本 Ruby カンファレンス 2006</a> Ruby会議2006. 午前中は所用でいけなくて午後のパネル企画のおわりあたりから。

http://jp.rubyist.net/RubyKaigi2006/program0610.html#l0 というわけで午後から参加の一日目。より正確なログは誰かがあげるだろうから、自分用に覚えてることをメモ。 パネル企画「Ruby2.0」 2.0相当(このへんは謎)の1.9.1が2007年12月までにはリリースされる(Matz) YARV

反応リンク集

(見つけた方はぜひ追加してください)

Last modified:2006/08/06 22:05:12
Keyword(s):
References:[トップページ] [SideMenu] [新着情報]

Login