Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会 公式Wiki - KansaiWorkshop8Memo Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! Ruby + Win32OLE + InternetExplorer & iTunes by cuzic さん

:サンプルスクリプト:[[アーカイブ(ZIP)|http://cuzic.net/kansai-workshop8/samples.zip]]
:プレゼン資料:[[スライド(PPT)|http://cuzic.net/kansai-workshop8/IE_iTunes.ppt]] (PDF){{attach_anchor('IE_iTunes.pdf')}}
:iTunesライブラリについて:[[iTunes のRDoc|http://cuzic.net/iTunesLib/index.html]]

:cuzicが使っている日本語音声合成ソフト:[[ドキュメントトーカ 日本語音声合成エンジン|http://www.createsystem.co.jp/DTalkerSapi1.html]]
:cuzic が使っている音声ファイル速度変更ソフト:[[EasyPitchPlus|http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se353931.html]]
:cuzic が使っている 遊び用 Rails レンタルサーバ:[[RailsPlayground|http://www.railsplayground.com/]]

irbからiTunesで現在演奏中の曲情報を取得したり、
Googleイメージ検索の結果を、iTunesのアートワークに表示したりする
手順と、デモを披露してしていただきました。

他にWindowsの音声合成機能を利用して、テキストデータを
音声データに変換し、iTunesに登録してしまうというデモ実演していただきました。

勉強会に使った資料とデモは、下のアドレスから参照できます。

http://cuzic.net/kansai-workshop8/index.html

! 多言語連携 by 西本 さん

:配布資料:[[資料(HTML)|http://cappuccino.jp/keisuken/ruby/learn-ruby-in-kansai-8/learn-ruby-in-kansai-8.html]], [[資料(PDF)|http://cappuccino.jp/keisuken/ruby/learn-ruby-in-kansai-8/learn-ruby-in-kansai-8.pdf]]
:サンプルコード:[[アーカイブ(ZIP)|http://cappuccino.jp/keisuken/ruby/learn-ruby-in-kansai-8/drum-samples.zip]]

西本さんがお正月の三が日で作ったという
言語間ブリッジDRUMについて説明していただきました。
現在のところ、RubyとJavaの間で連携するそうです。

DRUMの概念、基本的な仕組みの解説から、実際に動作させた
デモまでを披露していただきました。

RubyのソースでJavaのクラスを自然に
インスタンス化したり、irbからLookingGlass上で
表示されている3Dオブジェクトを操作したり、
JavaのGUIからRubyのコードをコールバックで呼び出すなど、
強烈な内容です。

非常に興味深いプログラムですが、現在は未公開だそうです。ただし近日中に公開される予定とのことですので、期待しましょう!

! 未踏プロジェクト Ruby/TkORCA が目指すもの by 永井秀利さん

サーバ上で動いているローカルGUIアプリを、ネットワーク経由でクライアントに
公開するフレームワーク、Ruby/TkORCAについて説明していただきました。

単なる遠隔連携システムではなく、特定のアプリのみを公開し、
また、セキュリティ上危険な操作は制限することもできるそうです。
GUIプログラム公開の、新たな手段になりそうです。

サンプルデモはhttp://131.206.154.81にブラウザでアクセスするか、
vncクライアントで131.206.154.81 port:5933にアクセスすることで
体験できます。

! Ruby 初級者向けレッスン「Ruby で学ぼう継承と委譲」 by かずひこさん

:配布資料:{{attach_anchor('print.pdf')}}
:演習の解答:{{attach_anchor('answer.pdf')}}

Forwardableモジュールを使った、他のクラスへの機能委譲について説明していただきました。