Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会 公式Wiki - KansaiWorkshop4 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 第4回Ruby勉強会@関西

:日時:2005 年 7 月 9 日 (土)
::13 時〜 17 時 勉強会
::18 時〜 懇親会 (場所 http://sosake.kir.jp/shu.html )
:場所:[[京都女子大 S校舎|http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~konami/map/s-tou/]]
:会費:無料 (懇親会の参加費は別です。)
:懇親会参加費:2000円〜2500円(予定)

!! プログラム
* 「BioRuby: ユーザの立場から」河野信さん
* 「BioRuby 入門」後藤直久さん
* 「Ruby 初級者向けレッスン」かずひこさん

!! 発表資料

→ [[KansaiWorkshop4Memo]]

! エピローグ

!! 大盛況でした by 幹事

人数も多かったけど,とにかく雰囲気が盛り上がって,とてもよかったですね。初級者1人に対して,親切で実力のある TA が2人もついたりして。10年前に SGI のSE養成5日間トレーニングを受講したことがありますが,料金20万円で,アシスタントなし。 今度の勉強会って,なんて贅沢なんだ!ちょっと考えておかないといけないのは,
今回の初心者識別符号は女性ということになっていたかも,ってことかな。

ともかくも,京女の私のゼミの学生さんたちは,非常に楽しくて刺激になったようでした。宮下研究室の2人は懇親会には出なかったけど(若ボスが飲み会出ない人なのだ),居残って referer を切り出す正規表現にがんばっていたみたい。

!! 感想 by 営業担当
今回はとてもとても人数が多くて賑やかで楽しかったですね。
私が営業して招待した人から感想を聞いたところ、みなさんとても良かったと言ってましたよ!

「もっと Ruby の勉強をしたい!次の勉強会もゼヒ来たい!」と言ってもらえたのがとても嬉しかったです。

これだけの実力のある人から親切に教えてもらえる勉強会っていうのは少ないんじゃないんでしょうか?
次の勉強会は会場確保が少し悩みですが、また今回のような楽しくて居心地のいい勉強会にしていきたいですね。

!! 初級者向けレッスンの配布資料と添削コーナー by かずひこ
「[[KansaiWorkshop4Memo]]」に、初級者向けレッスンの配布資料と添削コーナーを用意しました。
みなさんのコードをどしどしお寄せください。

!! 感想(学生ver.)
京都女子大小波ゼミの加藤です。先日小波先生から「勉強会の感想を書いてくださいね」なるメールが届きました。
…あれは本当だったんですね…。

『勉強会』と聞いて最初は少し堅い感じのものを想像していたのですが、実際に行ってみるととても和やかな雰囲気で、入っていきやすかったです。内容はしっかり勉強会していましたが(要領を得ない質問ばかりしてすみません)

今回の一番の驚きは、個人的には「Rubyってこんな事も出来るんだ!」ではなく、「小波先生の話が周りから浮いてない!」でした(笑)とても楽しそうにRubyを語っている先生や参加者の方々に、折り紙でDNAの二重らせんモデルを作ってしまう人のような情熱が見えたのは多分私の気のせいじゃないと思います。
今回は自分の実力があまりに乏しい為に、なかなか楽しむ余裕までなかったのですが、自分でももっと勉強して次回は「分かりません〜…」とTAの方に泣き付く以外の方法で参加したいです…

!! 感想(学生♂)
私は7月9日に行われたRuby勉強会に参加させていただいた大学二回生のものです。

プログラミングの経験が全くないと言っていい私にとって、そこは
非常に新鮮で刺激を与えられる場でした。

最初の方勉強会で話されている言葉の意味さえ満足に理解できませんでしたが、講師の方々はじめ参加者のRuby熟練者の方々にサポートしていた
だき知識0で臨んだにも関わらず、最後にはRubyの知識、その面白さを
持って帰れるにまでなりました。

非常に有意義な時間を過ごさせていただき、みなさんありがとうございました!!

勉強会に参加して非常に多岐に渡る分野でRubyが活用されているということを知り、私もRubyで何かやってみたい!という思いにかられました。

これからRubyの勉強頑張ってみたいと思います。そして、これからも都合のつく限り勉強会に参加させていただきたいです!!

!! 感想(学生♀)
 Rubyについてほとんど知識がなかったのですが、MLの暖かい雰囲気と、ちょうど初心者向けのレッスンを開いて下さるということで、参加することにしました。

 BioRubyのお話は難しかったですが、生物学においてプログラミングの技術がどのように使われているのかを知ることができました。

 初級者向けレッスンでは、正規表現について学ぶことができました。実はこちらも難しかったのですが、TAの方々が丁寧に教えて下さったおかげで、初心者だった私でもRubyプログラミングを体験することができました。ありがとうございました。

 今回の勉強会を復習し、TAの方々に頼り切ることにならないように、次回も参加させて頂きたいと思っています。よろしくお願いします。

!! ご意見欄
{{bbs}}

!参加人数報告 - 高木 宏 (2005-07-11 (月) 13:03:17)
高木@当日は、あゆさんと受付担当でした。

参加人数を報告します。

一般 38名
学生 14名 (内 8名が京都女子大の学生さん)

総勢53名の盛況でした。

男女の内訳は

男性 39名
女性 13名

(名前だけみてると、どちらかわかんない人が何人か ^^;

懇親会は、

一般 31名
学生 12名 (内 6名が京女の学生さん)

で、総勢43名です
(多少、間違ってるかもしれませんが、ごかんべんを。)

みなさん、おつかれさまでした。
*2005-07-11 (月) 17:53:26 小波 : 小波ゼミからは7人(懇親会6人),宮下ゼミから2名です。
{{comment}}

!! 反応リンク集

* http://d.hatena.ne.jp/babie/20050709#p1
* http://znz.s1.xrea.com/t/?date=20050709#p01
* http://d.hatena.ne.jp/nobyt/20050710
* http://www.yo.rim.or.jp/~nov/d/?date=20050709#p01
* http://cappuccino.jp/keisuken/logbook/20050709.html#p01
* http://cappuccino.jp/keisuken/logbook/20050710.html#p01

//{{trackback}}

* trackback : [[[RubyKansai] Ruby勉強会@関西 4 (遅レス。)|http://d.hatena.ne.jp/babie/20050709#p1]] (2005-07-12 (Tue) 22:00:33)
""3本立て。  56人教室が、   _  ∩ (( ゚゚)゚)彡 いっぱい!いっぱい!  ⊂彡 忘れないうちに書いておこう。   「バイオインフォマティクスにおける Ruby - Bioruby: ユーザの立場から」by 河野さん バイオ話面白かったー。自分の知らない領分はやはり面白い。 Ruby が活躍するのは前処理と後処理。 本を読んでいたおかげで(ま..


* trackback : [[[Ruby]勉強会 (ore no nikki)|http://web.kuicr.kyoto-u.ac.jp/~kawano/d/?date=20050709#p02]] (2005-07-11 (Mon) 23:19:14)
""正直、どの程度まで話せばよいのかがよくわからなかったので、なかなか難しかったです。
""生物のことばっかり話してもなぁ。講義じゃないんだから。
""結局、我流コードさらして何とかしてみた。恥ずかしいノ(´д`*)
""今回の首謀者である高木さんには喜んでいただけたようで、まあ良かったのかな?
""今回は、Ruby初級講習会が良かったですね。さすが、かずひこさんでした。
""きちんとRubyを教わったことがなかっ..


* trackback : [[[Ruby] Ruby勉強会@関西 4 (3 日坊主日記)|http://moriq.tdiary.net/20050710.html#p02]] (2005-07-11 (Mon) 01:24:34)
""alias 京都女子大に潜入せよ!
""今回のミッションの主な目的は京都女子大。行きは下記の仕事のため京阪七条から歩いたんだけど、対向する女学生が多いね! (当たり前) 坂がしんどいね!
""なぜか Ruby勉強会@関西 の前には現地での仕事が入る。今回は社長の息子さんの下宿 (京阪で言うと鳥羽街道付近) にお邪魔してLANの不具合の調査 (PC側のコネクタの端子が1本曲がって接触してた)。お駄賃とし..


* trackback : [[[Ruby] Ruby勉強会@関西-4 (ふぇみにん日記)|http://kazuhiko.tdiary.net/20050709.html#p02]] (2005-07-10 (Sun) 09:54:12)
""これからも今回の初級者向けレッスンのようなカタギの人向けの時間を設けることになり、次回も私がレッスンを担当します。Ruby に興味のある人が、さらに上を目指して取り組んでいくきっかけになれるよう頑張ります。