Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会 公式Wiki - KansaiWorkshop26 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 第26回 [[KansaiWorkshop]](運営:[[RubyKansai]])

{{toc}}

!! 勉強会

:日時:2008 年 05 月 17 日 (土) 13:00〜17:00

:場所:[[京都女子大学|http://www.kyoto-wu.ac.jp/]] S108 教室

:アクセス:http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html , http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~konami/map/s-tou/

:費用:実費(講師の交通費、配布物の印刷代等)の人数割をご負担ください。前回(同じ会場)は500円でした。

:定員(注意!!):56名(今回は会場の都合で定員が設定されています)

!! プログラム

//変更は随時更新されます。
!!! Rubyで快適に連投する11の方法 by ujihisaさん
: 概要:
ruby, mechanize, hpricot, vim, twitter, mixi, nowa
: 発表資料:
http://www.slideshare.net/ujihisa/agile-web-posting-with-ruby-langja

!!! Ruby on Rails で作られたアプリを動かす5つの方法 by okkezさん

:概要:
Ruby on Rails で作られたアプリを動かす5つの方法を解説します
:資料:{{attach_anchor(rails_app.pdf)}}, {{attach_anchor(rails_app_print.pdf)}}


!!! Ruby off Rails by ストヤンさん
: 概要:
1. 新しい ORMs: sequel, data mapper

2. Web Evolution: webric->mongrel->thin->ebb

2. Rack: rackup, middleware, フレームワークス

3. Ramaze
: 発表資料:
- http://www.slideshare.net/zhesto/ruby-off-rails-japanese/

- {{attach_anchor(rubyoffrails_jp.pdf)}}

!!! Ruby初級者向けレッスン第20回 by okkezさん
:概要:
Ruby のリテラル表記と制御構造について学びます。
:資料:{{attach_anchor(print.pdf)}}, {{attach_anchor(slide.pdf)}}
:お知らせ:演習の回答をブログに書いて「添削希望」って書いておくと okkez が添削するかもしれません。(このページにトラックバックしてください)勉強会後、一週間くらいが目安です。当日アナウンスを忘れてたのでここでお知らせしておきます。

!! ログ

!!! Ruby off Rails (logger: )

!!! Ruby on Rails で作られたアプリを動かす5つの方法 (logger: ひがき)

いつも初級者レッスンの講師をしてくれている okkez さんに Rails アプリケーションを動かすための様々な方法とその特徴、それぞれのベンチマークを報告していただきました。

以下、紹介された方法の一部抜粋。

*CGI による実行は勧められない。
** 遅い
** リクエストを取り零す

* WEBrick が意外と速い。
** 起動するまでが遅いので開発には向かない

* mod_rails
** 設定の例がよろしくない
*** 正しく設定すれば問題ない? (識者のフォロー求む)

* ebb はうまく動かなかったらしい。
** (会場には、うまく動いているという方が数名おられました)

'''Q&A'''

''Q.'' okkez さんは、どれを使っていますか?

''A.'' mongrel (無意識に script/server と手が動いてしまうから)

''Q.'' オススメのものはありますか?

''A.'' 簡単に使えて情報が多いものを選びましょう。
(会場から、Windows で動かすなら Mongrel がよいという意見がありました)

!!! Rubyで快適に連投する11の方法 (logger: ひがき)

ujihisa さんに Web サービスを快適に使うための工夫についてお話ししていただきました。

彼の発表は非常に楽しいのですが、このログからそれが伝わらないのが残念です。
以下は私の気になったキーワードです。

* output の最適化
* 開発時間と使用時間の和を最小化する
* WWW::Mechanize が便利
** いくつかのおまじないと設定をするだけ
** 空気読めるライブラリ
* UI に Vim (エディタ) を使う
** vimscript の中にヒアドキュメントで Ruby のコードが書ける
** 自分のメインの入力環境から実行できることが重要
** Ruby スクリプトを外部コマンドにすることで再利用できる

最後に演習問題がありました。
解答は http://coderepos.org へ。

'''Q&A'''

''Q.'' おまじない部分を自動生成できないか?

''A.'' スクリプトがあるので後で公開する。

''Q.'' Web API じゃないのにどうやって自分の欲しい情報が取れるの? 自分のしたいことができるの?

''A.'' 実際に動かしてみる (試行錯誤?)

''Q.'' テストはどうやっているのか?

''A.'' 実際の Web サービスにアクセスする (なんて大胆な!)

!!! Ruby初級者向けレッスン第20回 (logger: ひがき)

okkez さんとモリさんに Ruby の基礎としてデータ型と制御構造についてお話しいただきました。

* データ型
** 数値
** 文字列
** 範囲
** 配列
** ハッシュ
** シンボル
** 正規表現

各型のリテラルについて教えてもらいました。

* 制御構造
** if/unless
** case
** 三項演算子 (制御構造じゃない :-)
** while
** loop
** until

'''演習問題'''

説明が終わるとグループに別れて演習問題を解きました。

TA とペアプログラミングで問題を解く人、golf を始める人、テストから書き始める人、ひとりで黙々と解く人など様々でした。

FizzBuzz 問題を音声合成で読み上げている人が何人かいました。

//!!参加方法
//参加を希望される方は、以下の手順で参加表明をお願いします。
//
//1. [[Rubyist SNS|http://jp.rubyist.net/sns/]] にアカウントを作成してログインする。
//
//2.「Ruby関西」というコミュニティに参加する。
//
//3.「Ruby関西」コミュニティに、「Ruby/Rails勉強会@関西-26」
//と「Ruby/Rails勉強会@関西-26 懇親会」という二つのイベントがあるので、それぞれに参加登録をする
//(勉強会と懇親会は別イベントでの登録です)。

//Rubyist SNS への参加や Ruby 関西コミュニティへの参加だけではイベント登録は完了していませんのでご注意ください。

!! 懇親会
:日時: 2008 年 05 月 17 日 (土) 18:00〜
:場所: [[さざんか亭 本店|http://www.klb.co.jp/sazanka/sazanka.htm]]
//:会費:
//:定員:
//:締切: 金曜17:00まで。ギリギリまで受け付けます。
//:備考: 懇親会会場への移動
//懇親会会場は四条河原町にある。四条河原町行きのプリンセスラインのバスは17時28分と59分のものがあるが、可能な限り全員17時28分のものに乗りたい。(早く終われば16時58分に乗る手もある)
//
//:バス時刻表: http://www.princessline.jp/timetable/index.html#04 (京都女子大発、四条河原町着のバスに乗ります)

//!! 会場設備とノートPCの持ち込みについて
//* 各座席にはPCが1台ずつありますので、ノートPCは持ってこなくても大丈夫ですが、持ってきていただいてももちろんOKです。
//** 当日,ファイルの配布・レッスン内容の持ち帰りをご希望の方は, USB メモリをご持参ください。
//* ノートパソコンを持って来られる方にお願い。
//** 電源コンセントが少ないので、できるだけテーブルタップ、二股などをご用意ください。
//** 会場は有線・無線LAN共に使えます。(ネットワーク接続できなくても勉強会には支障ありません)
//* Lingrの設定について
//** 当日の会場の様子をライブで伝えるためにLingrによるチャットルームを設けます。当日参加できない人も以下のURLに当日アクセスしてみてください。
//[[http://www.lingr.com/room/ruby-kansai]]

//!! 名札について
//* 初参加の方々もいらっしゃいますので、名札をお持ちの方は是非/持参してください。もちろん名前を大きく書いて。通称もあり

//!! ロガーおよびTAの募集
//* [[KansaiWorkshopRequestParticipant]]


!! Lingr
[[Ruby勉強会@関西 > Archives > May 17, 2008|http://www.lingr.com/room/ruby-kansai/archives/2008/05/17]]

!! アンケート
[[アンケート & 集計結果|http://q.okkez.net/]]


!! コメント

{{comment}}


!! 反応リンク集

{{trackback}}

* trackback : [[[Ruby][event] 第26回 Ruby/Rails勉強会@関西に参加 (ekurodaの日記)|http://d.hatena.ne.jp/e-kuroda/20080519/1211213291]] (2008-05-20 (Tue) 01:09:23)
"" 日本Rubyの会 公式Wiki - 第26回 Ruby/Rails勉強会@関西 http://jp.rubyist.net/?KansaiWorkshop26 遅くなったが、Ruby初級者向けレッスン by okkezさんの回答だけでも貼っとこう。そういえば、前々回の分が、okkezさんに添削されていたのだった。今更ですがありがとうござ

* trackback : [[[Ruby]というわけで、Ruby勉強会@関西でした。 (サイログ。MiyakoとかRubyとかなんとか+Miyako ACCESS MAP)|http://d.hatena.ne.jp/cyross/20080519/1211202521]] (2008-05-19 (Mon) 22:08:34)
"" 今回の舞台は京都。いわゆる京女です。 本屋で調べ物して、目的のブツが見つかったので京女へ。 (京都駅近くの「やよい軒」行ったらえらい人だった。多すぎ) Ruby off Rails(ストヤン) なんかフリーハグしか覚えていない・・・というのは冗談ですが、 サーバーではThinが

* trackback : [[[Ruby][JPLife] 26th Ruby Kansai Workshop in Kyoto (ZHlog)|http://d.hatena.ne.jp/zhesto/20080519/1211185274]] (2008-05-19 (Mon) 17:21:10)
"" On 17-May-2008 there was 26th Ruby Kansai Workshop in Kyoto. A lot of fun like always :) The chatlog from the presentation is available on lingr. I gave a presentation ”Ruby off Rails” about develo..

* trackback : [[[ruby]第26回 Ruby/Rails勉強会@関西の初級者レッスンの3問目を解いてみた (hitode909のダイアリー)|http://d.hatena.ne.jp/hitode909/20080518/1211123048]] (2008-05-19 (Mon) 00:08:49)
"" 日本Rubyの会 公式Wiki - 第26回 Ruby/Rails勉強会@関西 ランダムな数の石を交互に1つから3つの範囲で取っていって,最後の1個を取った方が負けで,最初に各プレイヤが先手後手の順番を変えてよい,というルール. 電車ですることがなかったから書いてみた.2問目は難

* trackback : [[[ruby]第26回 Ruby/Rails勉強会@関西に行ってみた件とMacでsayを使うときの注意点など (hitode909のダイアリー)|http://d.hatena.ne.jp/hitode909/20080517/1211066669]] (2008-05-19 (Mon) 00:07:38)
"" 日本Rubyの会 公式Wiki - 第26回 Ruby/Rails勉強会@関西 京都女子大であったのですが,京都駅から京女に行くだけのためのプリンセスラインバスという真っ赤なバスが出ていたり,建物がやたらしゃれた感じだったり,男子トイレはないのかと思ったらあったりして,軽くカルチ

* trackback : [[[Ruby][勉強会] Ruby/Rails勉強会@関西 #26 (チナミニ)|http://d.hatena.ne.jp/Sixeight/20080518/1211101822]] (2008-05-18 (Sun) 18:11:22)
"" http://jp.rubyist.net/?KansaiWorkshop26 行ってきましたRuby勉強会。4回目。(テンプレート) 今回の発表は、Web関連が2つと連投関連が1つでした。 Ruby off Rails by ストヤンさん Railsから脱却してみようという話。 Railsすら分からない僕にはすこし難しかったです。

* trackback : [[[ruby][関西]第 26 回 Ruby/Rails 勉強会 (初学者の箸置)|http://d.hatena.ne.jp/tkuro/20080518/1211069093]] (2008-05-18 (Sun) 09:05:03)
"" レベル高すぎてほとんど理解できなかったんだけれども、ものすごい刺激は受けたしキーワードは沢山もらったのでこれからぐぁんばる。本当に行っただけの価値はあった。 Ruby off Rails ストヤンさんの発表。Railsなしならどう書く?な内容。 Thin sequel ebb Rack Ramase な

* trackback : [[[Ruby]第 26 回 Ruby/Rails 勉強会 (ひがきの日記)|http://d.hatena.ne.jp/mas-higa/20080517/1211031545]] (2008-05-17 (Sat) 22:39:00)
"" 第26回 Ruby/Rails勉強会@関西 京都女子大学にて Ruby off Rails ストヤンさんの発表。 ストヤンさんの発表はいつも面白い写真が出てくる。 前回は mongrel (犬) が出てきたし、今回は FREEHUG とか rack の写真が出てきた。 もちろん内容もイイ。 sequel ebb rack などな

* trackback : [[[Ruby]第 26 回 Ruby/Rails 勉強会(感想) (winplusの日記)|http://d.hatena.ne.jp/winplus/20080517/1211029137]] (2008-05-17 (Sat) 22:17:50)
"" 日本Rubyの会 公式Wiki - 第26回 Ruby/Rails勉強会@関西に行ってきました。 ■Ruby off Rails by ストヤンさん ストヤンさんの発表は以下のような呼びかけだと感じました。 Rubyで、RailsなしでWEB開発を行うことはできるか? もちろん。 Railsのフルスタックで規約重視の