Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会 公式Wiki - KansaiWorkshop22 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 第22回 [[Ruby/Rails勉強会@関西|KansaiWorkshop]](運営:[[RubyKansai]])

{{toc}}

!! 勉強会

:日時:2008 年 01 月 12 日 (土) 13:00〜17:00

:場所:[[大阪国際大学|http://www.oiu.ac.jp/]] 枚方キャンパス 4-302室 (駐車場の収容台数は充分ありますので、自動車でご来校いただくことができます。)


:アクセス:http://www.oiu.ac.jp/access/index.htm
:周辺地図:http://www.oiu.ac.jp/access/hrkt.htm
:費用:学生の方 500円・男性社会人の方1000円(予定:会場代、講師の交通費、配布物の印刷代等の実費負担です)
:定員:未定

!! プログラム

変更は随時更新されます。

!!! 人工知能で学ぶ Ruby (入門) by 石川 さん
:セッション概要:
RPG の自動化を題材に、条件分岐 (if 文) や
繰り返しを知らない入門者でも学べる Ruby の指導案を提案する。

!!! Miyako1.4でつくるアニメーション by サイロス誠 さん
:セッション概要:
Miyako1.4バージョンアップ概要と、
アニメーション制作の実演。

!!! 「Ruby on Windows」出版記念講演 by cuzic さん

:セッション概要:
{{isbn_image_right('4839926689')}}

Ruby on Windows の書籍について、
そして書籍の中では書ききれなかった思いについて語ります。

講演終了後に「Ruby on Windows」即売会 & サイン会を行います。

この機会にぜひお買い求めください。

!!! ショートな課題でジャムプログラミング by こなみ さん
:セッション概要:
[[課題のページ|http://ruby.kyoto-wu.ac.jp/RubyLesson/Jam/01/]]です。
この問題から好きなものを解いて,専用のHiki ページ([[回答受付ページ|http://ruby.kyoto-wu.ac.jp/RubyKan/?%A5%B8%A5%E3%A5%E0%A5%D7%A5%ED%A5%B0%A5%E9%A5%DF%A5%F3%A5%B0]])に投稿してください。ジャムセッションの雰囲気でプログラムを楽しみましょう。

!! ログ

!!! 人工知能で学ぶ Ruby (入門) (logger:?)

!!! Miyako1.4でつくるアニメーション (logger: Raito さん)
:1 自己紹介:
*サイロス誠さん
*プログラマー
*Cがメイン
*Ruby歴8年
*プライベートでしか使っていない
*代表作:Miyako

:2 近況:
*ダイエット成功
**Let's note16台分
**3〜4歳児1人分
**やせるとハッピー

:3 Miyako1.4:
:3.1 SpriteAnimation の機能アップ:

:3.2 高速化:
*idaten_miyako ライブラリ

:3.3 map移動5倍くらい高速化:
*cuzic> ハイドライド1風の画面

:3.4 動画再生:
*動画も再生できます!

:4 ライブコーディング開始:
:4.1 スクリーンの作成:
*Spaceキーの押下チェック
**→確認

:4.2 キャラクタの作成:
*ちょっとずつ画面をいじる
*キャラクタにパーツを乗っけていく
*順番重要(間違えると表示内容が変わるので注意)
**後勝ち?
**(サイロス註:Sprite#dpプロパティの値が大きくなるほど前面に表示されます)

:4.3 アームを作成:
*アームを1本ではおもしろくない
*arms(アームのスプライトの配列)を定義し、4パターン割り当ててアニメーション!
*下記のようにしてはいけない。(アニメーションしない?)
arms.show
(サイロス註:アニメーションしない画像と、アニメーションしている画像が両方同時に表示されます)

:4.4 アニメーション1:
asp = Hash.new
asp[:sprite] = arms
asp[:wait] = 0.5
asp[:pattern_list] = [0,1,2,3,2,1,0]
とすると、0.5秒間隔でアニメーションする

:4.5 アニメーション2:
asp = Hash.new
asp[:sprite] = arms
asp[:wait] = [0.1, 0.2, 0.2, 0.2, .. ,0.5]
asp[:pattern_list] = [0,1,2,3,2,1,0]
とすると、アニメーションの時間調整が可能になる
(サイロス註:失敗しました・・・(^^;)

:4.6 目もアニメーションさせる:
*arms とは別に eyes というオブジェクトをコピペで作成する。
*esp も asp と同じように定義する。
wink = Miyako.SpriteAnimation.new(esp)
wink.start
とすると、同期できる。
*espの:waitの値も調整することで、なめらかな動きに。
(サイロス註:以下のように指定します
esp[:wait] = [4.5, 0.1, 0.1, 0.1, 0.1 ,0.1]
)

[[m1ku-1|http://www.twin.ne.jp/~cyross/Miyako/animation1_1.png]]
[[m1ku-2|http://www.twin.ne.jp/~cyross/Miyako/animation1_2.png]]
(画像はサイロスによる追加)

:4.7 乗り物のwheelもアニメーション:
*ロードローラーの上の部分を上下にアニメーションさせると、もっと動いている感じが出る
(サイロス註:以下のように指定します
rp[:move_offset] = [Miyako::Point.new(0, 0), Miyako::Point.new(0, 1)]
)

:4.8 周囲の画面をアニメーション:
バックグラウンドをアニメーションさせると、さらに「動いている感じ」が出てくる

[[lex|http://www.twin.ne.jp/~cyross/Miyako/animation2.png]]
(画像はサイロスによる追加)

:5 解説:
*パーツ毎に取り扱うことで、1枚の絵を描かずにアニメーションが可能になる。
*Miyakoよろしく

:6 質疑応答:
:6.1 Q.動画の上にスプライトを置けますか?:
*A. ちょっとやってみます。
**逆の結果が出てきた
**音ゲーっぽいのを期待している。
**...
***'''できた!'''
*バックグラウンドが動画 & 前景はスプライトのアニメーション!
**'''透明色'''も利用可能。

:7.2 Q. idaten_miyakoは何?:A.
*Screen.update を高速化した。
**Cで書いた。
*(サイロス註:加えて、MapLayer#update,FixedMapLayer#update,Collisionクラスの一部のメソッドを高速化しました)
*Sprite.updateの高速化が課題。
(サイロス註:s/Sprite/SpriteAnimation/)
(サイロス註:SpriteAnimation#updateメソッドの高速化は、昨日実装しました(v1.4.4として公開))

:7.3 Q. 今後の予定は?:A.
*ドキュメントを作る(去年から言っている)
*(???) : 聞き逃し
*(サイロス註:確か、何かの記事を書きたいとか言った覚えが・・・)
*Mapクラスの作り直し。
**(外部仕様部分は公開している。)
*動くゲームをMiyakoで作成する。
*マップエディタの開発者募集中。

:7.4 (Ruby/SDLの)ohaiさんからのコメント:
*動画再生中に操作を受け付けるのは、スレッドまわりでタイミングが保証できないため、止めた方が良い。
*(サイロス註:とりあえず、動作保証外として残しました)

:7.5 サイロスより:MiyakoのサイトへのURL
以下のサイトで、勉強会でデモしたサンプルプログラムのダウンロードが出来ます
[[Miyakoメインサイト|http://www.twin.ne.jp/~cyross/Miyako/]]

!!! 「Ruby on Windows」出版記念講演 (logger: yu-yan さん)

:概要:

『[[Rubyist Magazine出張版 Ruby on Windows|http://stack.nayutaya.jp/book/4839926689]]』の出版を記念して、cuzic氏に講演を行って頂きました。

発表では、自己紹介に続き、今回発売された書籍の内容についての説明がありました。
一通りの内容説明は、実は「前座」とのことで、続けて「プログラミングを始めたばかりの人」「プログラミングに慣れてきた人」「プロのプログラマ」のそれぞれに向けたメッセージが送られました。

発表はGoogle Docsにより行われ、途中、スライドがランダムに切り替わるというアクシデントが発生しましたが、無事に終了しました。
発表後には書籍の即売会、そしてサイン会も行われ、とても盛況でした。cuzic氏の人気の高さが窺えます。

3月には、JTPAシリコンバレーツアーに参加されるそうです。今後のcuzic氏の活動にも乞うご期待!

なお、発表資料は http://docs.google.com/TeamPresent?docid=ddv4xrfg_7gm6tbndx より参照できます。

:自己紹介:

「cuzic」は「きゅーじっく」と読みます。
ActiveScriptRuby、Cygwin環境にてRubyを使っています。

:内容紹介:

端的に言うと「Windows上の面倒なことをRubyで解決するための本」です。
Win32OLE、Excel、ADODB、Outlook、Web自動巡回、AutoITX、COM、WMI、iTunes、Exerb、Rjb + Apache POI、RubyCLR、JRubyなど、内容は多岐に渡ります。

ニュートンの言葉を用いた「みんなもっと巨人の肩に乗ろうよ」というメッセージが印象的でした。

:本編/伝えたいこと:

「書籍の内容紹介は前座」とのことで、ここからが本編。
今までの経験から得た思いを、下記のそれぞれの方に向けての「メッセージ」として発表頂きました。

* プログラミングを始めたばかりの人へ
* プログラミングに慣れてきた人へ
* プロのプログラマへ

発表中にcuzic氏が言われていたように、このようなテーマでの発表は珍しいのではないでしょうか。

メッセージの内容について、下記に簡単にご紹介します。
少しでも興味を持たれた方は、発表資料をご覧になることをおすすめします。

:プログラミングを始めたばかりの人へのメッセージ:

* 自分の頭に入りやすい方法を知ろう
** 物事を学ぶ方法は、人ぞれぞれ
** いろいろな方法を試してみよう
** 自分にあった方法を見つけよう
* 基本的な失敗を、早い時期により多く経験しよう
** 受け身の大切さが分かるのは、痛みを経験してから
** 転んでからなら、真面目に聞ける
* 良質なインプットをしよう
** 良書を、良いソースコードをたくさん読もう
** ただし一部の推薦書は、ただの自慢で紹介されている可能性もあるので注意
* 初心を忘れずに
** フィーリングはとても重要
** 成長曲線は、ひとぞれぞれ
** 感覚の変化で、自分の成長を感じる
* 熟練した人に倣おう
** 熟練した人と同じ環境を整えよう
** 熟練した人が使っているツールを使ってみよう
** 環境を揃えると、相談しやすくなる
** 「おっ!君もEmacs使いか!!」など、仲間意識で受け入れてもらいやすくなる
* 一歩ずつ前に進もう
** プログラミングの世界がとても広いことを知っておこう
** けれども、その広さに圧倒されないように
** 分割統治しつつ、対象とする世界が広いことを見据えておこう
* 学習が進まない時に、その理由を感じ取ろう
* 自分の興味・情熱の方向を知ろう
** cuzic氏は、「既に出来上がっているモノ」の仕組みを知ることへの興味が強い
* ちょっとした課題を見つけよう
** 自分の周りを見渡してみよう
** 自分がうれしいことを、プログラムで解決
** 他人の問題を解決するのは、なかなか難しい
** 愛着重要

:プログラミングに慣れてきた人へのメッセージ:

* 基本は押さえておこう
** アルゴリズムやデータ構造、基本的なハードウェアなどについて
** 歴史的経緯も、それはそれで重要
* 問題を理解しよう
** 問題を理解することに時間をかけよう
* まず動くコードを書こう
** 動かして理解しよう
* 詳しい分野を持とう
** プログラミングの世界は広い
** その中でただ一つでも、得意な分野を持とう
** そして自信を持とう
* 道具について興味を持とう
** プログラミングは、たくさんの道具を使う
** シェル、ターミナル、エディタ、キーボード、マウスなど
** どんなモノが自分にフィットするか、試してみよう
* いつもとは違う方法も使ってみよう
** エディタで開発している人は統合開発環境で、あるいはその逆で
** 新しいライブラリを使ってみるとか
* 自分のコードを見てもらおう
** 他の人にコードを見られることを意識してみる
** 他の人の意見から、新しい視点が
** コードを書く過程を見てもらおう
* コードを美しくしよう
** 美しさへの愛も大切
** ただし、できる時に、必要なだけ

:プロのプログラマへのメッセージ:

ここでのメッセージは、他の方々への質問でした。

* 知っていて良さそうと思っているけれど、試していないことは?
** 実行していない知識には、どんなものがありますか?
** 抜粋して、試してみよう
* モチベーションが高まるのは、どんなとき?
** 自分の「ツボ」を知っていますか?
* 周りの人に、どう思われていますか?
** 周りの人を心配させない、それは日本の良き文化
* 今のプログラムで、不具合が起こるとしたらどこですか?
** 状況のシミュレーションをしてみる
* バグを直すのは、どんな手順ですか?
** 自分なりのデバッグノウハウを持とう
* 集中するためのノウハウはありますか?
** 集中力重要!
* ついつい無駄な時間を過ごしていませんか?
** 知的労働だと、境界が不明確
** 無駄な時間を意識しよう
* いくつのプログラミング言語を使えますか?
** それぞれに得手不得手がある
** 言語を学ぶと、考え方、設計技法を同時に学べる

:まとめ:

みなさん『[[Ruby on Windows|http://stack.nayutaya.jp/book/4839926689]]』を買いましょう!


!!! ショートな課題でジャムプログラミング (logger: ?)


//!!参加方法
//参加を希望される方は、以下の手順で参加表明をお願いします。
//
//1. [[Rubyist SNS|http://jp.rubyist.net/sns/]] にアカウントを作成してログインする。
//
//2.「Ruby関西」というコミュニティに参加する。
//
//3.「Ruby関西」コミュニティに、「Ruby/Rails勉強会@関西-22」と「Ruby/Rails勉強会@関西-22 懇親会」という二つのイベントがあるので、それぞれに参加登録をする(勉強会と懇親会は別イベントでの登録です)。
//
//Rubyist SNS への参加や Ruby 関西コミュニティへの参加だけではイベント登録は完了していませんのでご注意ください。
//
//!! 懇親会
//:日時:2008 年 1 月 12 日 (土) 18:30〜(予定)
//:場所:[[素材屋 枚方店|http://www.kisoji.co.jp/sozaiya/navi/shop_detail.asp?ShopNo=755]]
//:会費:およそ社会人:学生 = 2:1 の比率でご負担ください。前回は 4000 円、2500 円でした。
//:定員:30人としていますが、前後数人はOKです。
//:締切:2008 年 1 月 11 日 (金) 17:00 まで
//:備考:お店から送迎バスを出していただくことになっております。

!! コメント

{{comment}}


!! 反応リンク集

// {{trackback}}

* trackback : [[ 第22回Ruby/Rails勉強会に参加しました (サイログ。MiyakoとかRubyとかなんとか+Miyako ACCESS MAP)|http://d.hatena.ne.jp/cyross/20080116/1200489099]] (2008-01-16 (Wed) 22:11:28)
"" 1月13日、久々に発表者として、Ruby/Rails勉強会に参加してきました。 今回は、荷物が多くなってしまったので、カートを使って移動。 しかし、外は雨模様。そこでビニール袋で防水処置を施してから出発。 開場は大阪国際大学。最寄りはJR学研都市線の長尾駅。 駅に着いた

* trackback : [[ Miyako1.4.4サンプルを公開しました。 (サイログ。MiyakoとかRubyとかなんとか+Miyako ACCESS MAP)|http://d.hatena.ne.jp/cyross/20080114/1200275507]] (2008-01-14 (Mon) 10:52:55)
"" 先日、Ruby/Rails勉強会@関西22でデモしたプログラムを一部編集し、 BSDライセンスで公開しました。 公開したサンプルは、以下の4つです。 (1)どっかで見たような少女が九条ネギを振っているサンプル zip版のダウンロード tar.gz版のダウンロード (2)どっかで見たような少

* trackback : [[【Ruby関西】自分のプログラミングスタイルを持とう (プログラマの思索)|http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/ruby_29ee.html]] (2008-01-13 (Sun) 21:37:38)
""Ruby勉強会に行ってきた。 何故か今日も雨でした。 #Ruby関西が開かれる日は雨が多い(^^♪ 目玉はCuzicさん著作「Ruby on Windows」の基調講演。 講演は「

* trackback : [[ruby勉強会いってきました (Way of My Life)|http://d.hatena.ne.jp/watura/20080112#1200137630]] (2008-01-13 (Sun) 18:37:08)
"" おもしろかったよ ary.dupで影響されないarrayのコピーがつくれることを知ることもできたし tnkzさんとも知り合えたし よかったんじゃないかな 以上みじかい感想でした ほんとに短いなぁ ちなみに俺の書いたしょぼいコードを添削してもらえました new_ary = Array.new tmp_a

//!! 会場設備とノートPCの持ち込みについて
//* 各座席にはPCが1台ずつありますので、ノートPCは持ってこなくても大丈夫ですが、持ってきていただいてももちろんOKです。
//** 当日,ファイルの配布、レッスン内容の持ち帰りをご希望の方は, USB メモリをご持参ください。
//* ノートパソコンを持って来られる方にお願い。
//** 電源コンセントが少ないので、できるだけテーブルタップ、二股などをご用意ください。
//** ネットワークに接続したい方は、LAN ケーブルをご用意ください。(ネットワーク接続できなくても勉強会には支障ありません)
//
//!! 名札について
//* 初参加の方々もいらっしゃいますので、名札をお持ちの方は是非/持参してください。もちろん名前を大きく書いて。通称もあり。
//
//!! ロガーおよびTAの募集
//* [[KansaiWorkshopRequestParticipant]]