Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会 公式Wiki - KansaiWorkshop20 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 第20回 [[Ruby/Rails勉強会@関西|KansaiWorkshop]](運営:[[RubyKansai]])

{{toc}}

!! 勉強会

:日時:2007 年 10 月 27 日 (土) 13:00〜17:00

:場所:[[京都女子大学|http://www.kyoto-wu.ac.jp/]] S109教室
:アクセス:http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html
:費用:実費(講師の交通費、配布物の印刷代等)の人数割をご負担ください。前回(同じ会場)は500円でした。
:定員(注意!):56名(今回は会場の都合で定員が設定されています)
!! プログラム

!!! J(Ruby)開発環境としてのNetBeansについて by kyaraさん
:セッション概要:NetBeans6のRuby開発環境としての機能紹介
:発表資料: 修正版PDF {{attach_anchor(Ruby開発環境としての.pdf)}}
!!! BootCamp in Europe by ひろさん、小芝さん、南木さん
:発表資料:[[Railsconf europe2007 digest|http://www.slideshare.net/bash0C7/railsconfeurope2007digest/]]
!!! Ruby初級者向けレッスン 第15回(講義+演習) by okkezさん
:セッション概要: Ruby で学ぼうテスト駆動開発
:発表資料: 配布資料{{attach_anchor(print.pdf)}}
:演習課題解答例: {{attach_anchor(answer.pdf)}}

演習課題解答例には、Test::Unit で作ったバージョンと
RSpec で作ったバージョンが入っています。

!!! Rubyテキスト読書会

突発開催。好評なら続くかも。

!! ログ

!!! J(Ruby)開発環境としてのNetBeansについて
* 自己紹介
** 組み込み系プログラマ
** CよりC++が好き

* エディタ or IDE
** 会場アンケートではvim/Emacs派が大勢
**IDEは?

* NetBeans
**もうすぐ(2007/11)Ruby/Rails正式対応リリース

* 利点
** 無料
** インストール手順→ http://karetta.jp/book-cover/jruby-cg-program/
** IDE (Refactor, デバッガ、cvs/svn、プロファイラ)

* 紹介
** Emacsキーバインドつかえるよ
** ノートパソコンだと重いかも (デスクトップならOK)
** Tool→RubyGems (!) GUI形式でgemの管理ができる
** Versioning→SVN→checkout
** JRubyもつかえる
** RSpecもつかえる (RSpec Fileの新規作成)

* 欠点
** メモリ食い
** 日本語がうまく使えない
*** リリース版での改善に期待
** JavaAPIが使える→RubyよりJavaに詳しくなっちゃうかも…w

* 質問
** Eclipseより良いところは?
*** 単一パッケージしか出していない (→インストール簡単、組み合わせによる問題が出ない)



!!! 「BootCamp in Europe」 ロガー: 氏久 (ujihisa)
* プレゼンはMac OSX Leopardで!
* アクセスのつつみさん
* ヨーロッパでのRails Conf
* つつみさん: ロボット言語開発など
* つつみさんの現在のプロジェクトでrails, svn, redmine, leopard, centos
** Appleの中で最強の環境
** Leopardに70個くらいレポートあげた
** 開発中システムではiPhone, iPod Touchサポートは当然
** 燃え上がる写真
* ヨーロッパツアーの目的
** 世界を知る。
** (ちなみにアメリカのRails Confは5月開催なのに3月でSold Out)
** 日本から参加したのはこの三人くらい
** フランクフルトのハンバーガーは大変おいしい
* RailsConf in Europe
** 参加者700名
** Mac 8割
* twitter
** システム構成は普通
** ビジネスモデルなし。月数千万出資。広告やりたくない。
** No bussiness, no ads, no idea.
* Rails Java PHP
** Ruby on Rails VS Java, Ruby on Rails VS PHPの動画(笑)
* Moo Print in London
** business card, parsonal cardを作ってる会社
* SIM Lock Free
** カード差すだけの携帯電話
* ブロッグの使われ方 (たぶんブログのこと)
** アメリカのエンジニアはほとんどLinked Inにエントリしてる
** 質問投げると5分以内に返答がくる
** 日本だと転職みたいなイメージが持たれてしまったため、日本人はあまり登録していない
** 面接のときにブロッグを見る。ブロッグが理由で不採用になった例など。
** 訴訟問題なども。
** 日本でもいずれはそうなる。
* RailsConf
** http://www.railsconfeurope.com/ に資料が全てupられている
* 四角いマウス。USB。コードが伸び縮みする。飲み会でじゃんけん大会
* ここでスピーカー交代。小芝さんに
** パッケージソフトウェア設計など
** Windows用ソフトウェア, PFP, 関西ライフハックなど
* Amazonのインフラを使おう!
** サーバの無駄を減らす。ピーク時と閑散期。
** amazon s3
** 激安
** upとdownはWeb API
** EC2。各Linux選択可能。CPU悪いけどメモリいい。SSH
** 動的増減
** S3はスタティックなファイル置き場として使える。
** EC2は普通のサーバマシンなので、アプリケーションサーバとして。
** 必要なときに確保、いらないときに解放。
** Proxy再設定不要でWebサーバ追加可能
** 負荷モニタリングサービス稼働させて、ほぼ自動的にクラスタリングの追加などが可能。超安定。
* ActiveRecord and Service Data objects
** 1つのやり方でさまざまなデータアクセス
** for legacy企業システム
** アプリケーションとデータベースを分離
** まだARから呼び出せない…。今後の課題。IBM頑張れ。
* ここでスピーカー交代。南木さんに
* もともとWindowsだったのに南木さんもいつのまにかLeopardに
** 堤効果
* 印象に残ったセッションの話
** まず自己紹介を省略
** おいしそうな写真が二回登場
* Africa on Rails
** (関係ないけどAfricaって超入力しにくい。左手率が高い by uihisa)
* malawi -> うわぁ
** HIVの投薬管理アプリ
** タッチセンサで操作できる
** アフリカで空前のRailsブーム
* Parliament on Rails
** parliament: 議会
** ニュージーランド
** 政治2.0。誰がどんな発言をしてどんな法案に関わったかを議事録から自動抽出。
** 入力が投票、出力が法律
** 議会サイト。誰がどんな発言したかHpricotでとりやすいようなHTMLになってる
** 討論の様子をrelationでとれる。どんなキーワードがよく使われたかとかも。
** やたらjusticeが多いらしい
* Origami
** 離婚訴訟イギリス人に折り紙を折りまくった
** Webアプリの作り方を英語で言うのは簡単。折り紙の折り方を英語で説明するのは超難しい。一言もしゃべらずにのっぽさん状態になった。
** 折り紙++
* yhara「非常に貴重なセッション」


//!!参加方法
//参加を希望される方は、以下の手順で参加表明をお願いします。
//
//1. [[Rubyist SNS|http://jp.rubyist.net/sns/]] にアカウントを作成してログインする。
//
//2.「Ruby関西」というコミュニティに参加する。
//
//3.「Ruby関西」コミュニティに、「Ruby/Rails勉強会@関西-20」と「Ruby/Rails勉強会@関西-20 懇親会」という二つのイベントがあるので、それぞれに参加登録をする(勉強会と懇親会は別イベントでの登録です)。
//
//Rubyist SNS への参加や Ruby 関西コミュニティへの参加だけではイベント登録は完了していませんのでご注意ください。
//
//!! 懇親会
//:日時:2007 年 10 月 27 日 (土) 18:00〜(予定)
//:場所:[[いろはかるた 京都駅前店|http://r.gnavi.co.jp/k844403/]]
//:会費:およそ社会人:学生 = 2:1 の比率でご負担ください。前回は 3500 円、2000 円でした。
//:締切:2007 年 10 月 25 日 (金) 17:00 まで

!! コメント

{{comment}}


!! 反応リンク集

{{trackback}}

* trackback : [[[Ruby] 第20回Ruby/Rails勉強会に参加しました (趣味的にっき)|http://d.hatena.ne.jp/ha-tan/20071027/1193466864]] (2007-10-28 (Sun) 19:11:10)
"" 50分くらい遅刻しました。がっくり。今回は比較的こじんまりでしょうか? 「Bootcamp in Eupope」について by ひろさん 日本からは4人? フランクフルトのハンバーガーはおいしかった。 8割らいMacだった。我々もMacだった。 Twitter。仕組みとスケーラビリティ。ビジネスモ

* trackback : [[【Ruby関西】テスト駆動のプログラマはもてます (プログラマの思索)|http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/ruby_d5f1.html]] (2007-10-28 (Sun) 16:46:30)
"" 第20回 Ruby/Rails勉強会@関西に久しぶりに行ってきた。  何故かR


//!! 参加方法
//# まず [[Rubyist SNS|http://jp.rubyist.net/sns/]]に新規登録
//# 登録されたら Rubyist SNS にログイン
//# Ruby関西コミュニティに参加
//# [[Ruby/Rails勉強会@関西-20のイベント|http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=84]]に参加登録
//# [[Ruby/Rails勉強会@関西-20懇親会のイベント|http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_c_topic_detail&target_c_commu_topic_id=83]]にも参加登録(出たい方のみ)

//'''Rubyist SNS への参加や Ruby 関西コミュニティへの参加だけではイベント登録は完了していませんのでご注意ください。'''


//!! 名札について
//* 初参加の方々もいらっしゃいますので、名札をお持ちの方は是非/持参してください。もちろん名前を大きく書いて。通称もあり。

//!! ロガーおよびTAの募集
//* [[KansaiWorkshopRequestParticipant]]

//!! アクセス
//プリンセスライン
//JR京都駅・四条河原町から京都女子大学までの直通バス運行!
//[[http://www.css-c.com/top.html]]

//京都市バス
//京都市内各地から京都女子大学にアクセス
//[[http://www.city.kyoto.jp/kotsu/]]