Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会 公式Wiki - KansaiWorkshop15 Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

! 第15回 [[KansaiWorkshop]](運営:[[RubyKansai]])

{{toc}}

!! 勉強会

:日時:2007 年 4 月 28 日 (土) 13:00〜17:30
:場所:京都女子大 B校舎4F B420教室 (14回と同じくプリンセスライン乗場の脇のキャンパスです)
:地図:[[GoogleMaps|http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=en&ie=UTF8&z=19&ll=34.988594,135.779807&spn=0.002044,0.003583&om=1]]
:費用:実費(講師の交通費、配布物の印刷代等)の人数割をご負担ください。前回(同じ会場)は500円でした。
:定員:定員は設定しません。

!! 懇親会
:日時:2007 年 4 月 28 日 (土) 18:00〜(予定)
:場所:[[酔心 京都駅前店 B1 階|http://www.suishin.co.jp/suishin/b1.htm]]
:会費:およそ社会人:学生 = 2:1 の比率でご負担ください。前回は 3500 円、2000 円でした。
:締切:2007 年 4 月 27 日 (金) 17:00 まで

!! 参加方法
# まず [[Rubyist SNS|http://jp.rubyist.net/sns/]]に新規登録
# 登録されたら Rubyist SNS にログイン
# Ruby関西コミュニティに参加
# [[Ruby勉強会@関西-15のイベント|http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_c_event_detail&target_c_commu_topic_id=50]]に参加登録
# [[Ruby勉強会@関西-15懇親会のイベント|http://jp.rubyist.net/sns/?m=pc&a=page_c_event_detail&target_c_commu_topic_id=49]]にも参加登録(出たい方のみ)

'''Rubyist SNS への参加や Ruby 関西コミュニティへの参加だけではイベント登録は完了していませんのでご注意ください。''

!! プログラム
!!!「RubyによるMac OS Xソフトウェア開発」 by 藤本尚邦 さん
:セッション概要:
::RubyCocoa 1.0を使って、こんなMac OS Xアプリケーションが作れます。こんな風に作るんです。というテーマでデモします。

:プロフィール:
::藤本尚邦
::プログラマ,RubyCocoa作者
// :配布資料:

!!!! レポート(by yhara)

*藤本(hisa)さんの自己紹介
**Ruby歴10年弱、Mac歴20年弱
**RubyCocoa作者
**あとMacRubyとか(Mac OS 9以前のためのもの)
*RubyCocoaとは?
**Mac OS Xで動くアプリ(GUIとか)をRubyで作るためのもの
**今日はFlickrViewerを作ります
**動画にて開発風景を実況!
*第1段階:とりあえず動くものを作る
**1-1 何もしないアプリ
***FlickrViewer.appというアプリケーションを作る
***Macでは.appはディレクトリ(この中に.rbとかが入る)
***XCodeというOS付属のIDEを使う
***新規プロジェクト→Cocoa-Ruby Application
***ビルド→実行→何もしないアプリが動いたよ
**1-2 GUIを作ってみる
***InterfaceBuilder(通称IB)を使うよ(WindowsのVisualStudioみたいな感じでGUIを作れる)
***入力ボックスやテーブルを配置してみる
***ビューとコントローラを接続する(実装はあとまわし)
***.nibというファイルに保存
***GUI画面できたよ
**1-3 コントローラを実装してみる
***rb_nibtool.rbを使うと.nibからFlickrController.rbを自動生成してくれる
***入力ボックスが変化したら、それをURLにくっつけてFlickrを検索しテーブルの表示を更新
***Flickrタグから画像のタイトルを検索できるようになったよ
*第2段階:画像を表示したい
**画像タイトルが選択されたら画像をダウンロードして表示
**まずIBで画像表示用のパーツ(アウトレット?)を置く
**次にコントローラを編集する
**Cocoaのメソッド名は「Did」とか「Should」とか時制が入っていて分かりやすい(長いけど)
**正規表現で画像のURLを切り出す
**猫の画像が表示できるようになったよ
*第3段階:もっとMacらしく
**ここまではAjaxとか、Web上でもできちゃう
**3Dアニメーション!
**3-1 アニメーション・プログラミングツールquartzComposer(OS付属)
***背景、マウス検知、3Dキューブなどの部品を置いていく
***「値を出力するパーツ」のOutputをキューブのRotationに繋ぐとキューブが回りだす
***Rubyぜんぜん関係ないけど、これはすごい
***他にもwebカメラの動画を出力するパーツとか、指定したURLの画像を取ってくるパーツとか
***パラメータを「Publish」するとRubyからいじれるようになる(Image_URLとか)
***.qtzに保存
**3-2 ビューを追加
***できた.qtzファイルをコピー
***ビューにqcViewを貼り付ける
**3-3 コントローラを修正
***awakeFromNibに初期化処理を書ける
***.qtzのロード処理を書く
***さっきのImage_URLにクリックされたurlを渡す処理を書く
**猫の画像を3Dキューブに貼り付けてマウスで回せるようになったよ
**キューブのうち2面はwebカメラの入力が表示されている
**Macらしくなった(今時はこんなんもWebでできちゃうのかな?)
*第4段階:Wiiリモコン対応!
**非標準フレームワークも使えます(WiiRemote)
**コントローラを修正
**OSX.require_framework "WiiRemote"
**delegate(イベントが起きたらこのオブジェクトのメソッドを呼んでね)にselfを登録→イベントを処理するメソッドを書く
**Wiiリモコンで3Dキューブを動かせるようになったよ
*まとめ
**Rails界ではMac使いが増えてるようだけど、Macではこんなこともできるよ
**良かったらやってみてください
*質疑応答(抜粋)
**メソッド名がFooBar_HogeMogeみたいになってるのは変じゃない?
***Objective Cの仕様に合わせるため、こんな感じになっている
***なんとかしたいとは思っている
**日本語について
***UTF-8を使っておけばOK(Cocoa自体が国際化されている)
**DTPソフトInDesignのコントロールとかできる?(AppleScriptではできる)
***方法はいろいろ
***RubyCocoaからNSAppleScriptを使う
***rb_osa? (Apple社員にRubyCocoa関係者がいるらしい)
***gem rb_applescript?


!!!「Rubyでパイプをたしなむ」 by Raito さん

:セッション概要:
::■内容
::UNIXのツール群は、パイプ(|)でつないで結果を得ることに特化しています。
::そういう小さいツールをRubyで作ってみた上で、さらにWindows的な利用方法を模索していきます。
::簡単なコードと一般的な知識を組み合わせるだけで、そこそこ役に立つプログラムが書け(そうだと思え)ることを目指します。

::■対象
::Rubyを覚えたけど使い途を見いだせなかった人
::WindowsでRubyを使っている人

:プロフィール:
::Raito (らいと、と読みます。)
::Ruby歴6年(!)ですが、あまりコードを書けません。
::最近は、多言語の学習を楽しんでいます。

:配布資料:
::ソースコード集と発表原稿です。
::{{attach_anchor(ruby-kansai-15-raito.lzh)}}
::md5sum: a122780bfb0c30f023c5f3348dbc98d6

// !!!! レポート(by よしだあつしさん)

!!! 「Web2SpeechでしゃべRuby」 by Uさん
:セッション概要:
::Web2Speechは[[ガラテアプロジェクト|http://hil.t.u-tokyo.ac.jp/~galatea/index-jp.html]]により作成された音声合成プログラムをRubyから使用したアプリケーションです。

:プロフィール:
::Rubyまだまだ勉強中です

//:配布資料:

// !!!! レポート(by )

!!!「Ruby 初級者向けレッスン 第12回」 by okkezさん&酒井さん

:セッション概要:
::「制御構造」について

:プロフィール:
::酒井さん
::最近、就活なのでスーツの日が増えましたが、まだまだ着慣れていません。
::もちろんRubyも使いこなせない、初心者です。マイブームはアポロというチョコを上下に分けて食べることです。よろしくお願いします。

::okkezさん
::社会人三年目。仕事に飽きると、Rubyでツールを作ります。どんなツールかは機会があれば、お話ししたいと思います。
::最近は、Rubyリファレンスマニュアル(るりま)のお手伝いをぼちぼちやっています。

*配布資料: {{attach_anchor(print.pdf)}}
*スライド: {{attach_anchor(slide.pdf)}}
*演習問題解答例: {{attach_anchor(answer.tar.gz)}}

// !!!! レポート(by なんき)

!! コメント
{{comment}}

!! 反応リンク集
// {{trackback}}

* trackback : [[Ruby関西と仏大統領選 (プログラマの思索)|http://forza.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/ruby_4e06.html]] (2007-05-05 (Sat) 11:36:08)
"" 4/28に開かれたRuby関西へ行ってきた。  詳細なログは、本家サイトを参照

* trackback : [[FlickrViewer.app - Ruby勉強会@関西-15の発表資料 (ひ日誌)|http://www.fobj.com/hisa/d/20070501.html#p01]] (2007-05-01 (Tue) 16:10:56)
""先週末、Ruby勉強会@関西-15に行ってきました。Ruby関西のみなさま、どうもありがとうございました。RubyCocoaを使ってWiiリモコン対応?FlickrViewerアプリケーションを作る様子をデモしてきたので、このときの発表資料などを公開します。

* trackback : [[自分が「井の中の蛙」と確信したとき (Kanasansoft Web Lab.)|http://www.kanasansoft.com/weblab/2007/04/post_8.html]] (2007-04-30 (Mon) 01:23:15)
""小学生か中学生からプログラミングをはじめて、大学は全く別分野の学部に入った。この...

* http://d.hatena.ne.jp/cyross/20070429#p1
* http://d.hatena.ne.jp/ha-tan/20070428/1177734702
* trackback : [[[Ruby] 第15回 Ruby 勉強会@関西 (まぁ (´_`。))|http://d.hatena.ne.jp/nshttsk/20070428/1177787956]] (2007-04-29 (Sun) 04:19:25)
"" 不思議 Raito さんに隣でこっそり freemind -> -> 高橋メソッドに変換するスクリプトを SendTo に登録してるのを見せてもらったけど、SendTo ってルーチンとかよくつかうコマンド登録とかだという認識なんですが、そんな頻繁に高橋メソッド使ってるんでしょうか。見せても

// !! 会場設備とノートPCの持ち込みについて
// * 会場の教室には電源とLANコンセントが完備しています。無線はありません。
// * LANケーブルは、忘れず持参してください。
// * LANのDHCPは登録しないと使えません。
// ** 自分のノートPCをネット接続したい人は, konamiアットkyoto-wuドットacドットjp まで 氏名,PCのMACアドレス,OSをメールで知らせてください。(前々日夜まで)
// ** 登録はその回限りですから,毎回新規に申し込んでください。
// *  勉強会の当日にはネット接続が必須というわけではありません。Ruby がインストールされたPCさえあればたいてい大丈夫です。
// * 当日,ファイルの配布をご希望の方は, USB メモリをご持参ください。

// !! 名札について
// * 初参加の方々もいらっしゃいますので、名札をお持ちの方は是非/持参してください。もちろん名前を大きく書いて。通称もあり。

// !! ロガー・初級者向けレッスンTAの募集
// * [[KansaiWorkshopRequestParticipant]]

// !! バス運行ダイヤ
// [[プリンセスライン京都駅前行(土曜日ダイヤ)|http://www.css-c.com/princessline/11_12keitou.html#2]]

// [[プリンセスライン河原町行|http://www.css-c.com/princessline/index6.html]]