Create  FrontPage  Index  Search  Changes  Login

日本Rubyの会会則

日本Rubyの会 会則

(名称)

第1条 本会を、日本Rubyの会と称する。

(目的)

第2条 本会の目的は以下の通りとする。

  1. オブジェクト指向スクリプト言語Rubyの研究・開発・運用の支援ないし実践
  2. オブジェクト指向スクリプト言語Rubyによる研究・開発・運用の支援ないし実践

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、以下の事業を行う。

  1. Rubyに関連するオンラインないしオフラインのリソースの作成と管理運用
  2. Rubyに関連するイベントの企画・運営・補助
  3. その他本会の目的を達成するために必要な活動

(会員)

第4条 会員は本会の趣旨に賛同する個人ないし法人によって構成される。

本会の運営のため、会員用メーリングリストを用意する。

会員用メーリングリストに登録している個人または法人を、本会の会員とする。

(役員)

第5条 本会には次の役員を置く。

  1. 会長 1名
  2. 理事 若干名
  3. 顧問 1名

(任期)

第6条 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。

(選任)

第7条 会長は、前会長が任命する。

第8条 顧問は会長を解任することができる。その場合、理事の協議により会長を選任する。

第9条 理事は、会長が選任する。

第10条 顧問には、オブジェクト指向スクリプト言語Rubyの作者であるまつもと ゆきひろ氏が就任する。

(職務)

第11条 会長は、本会を代表して会務を統括し、諸事項を決定する。

第12条 理事は、本会の運営に関する諸事項を協議し、その執行にあたる。

(会則の改廃)

第13条 会則の改廃は、顧問の承認により、会長が行う。

(解散)

第14条 本会は、発足後一年が経過した際、会長と顧問、理事に対し、 本会継続についての意志確認を行なう。このとき、会長と顧問と 過半数の理事が活動の継続に同意しない場合、本会は解散する。

(その他の事項)

第15条 上記以外の事項に関しては、理事による協議を踏まえ、会長が決定する。

(附則)

第16条 本会則は、2004年8月8日より施行する。

Last modified:2011/08/29 23:52:42
Keyword(s):
References:[Admission] [FrontPage] [SideMenu]
This page is frozen.